媒体に掲出するまでのサポート

現在、動画や静止画は様々な媒体で利用されています。例えばパソコンのインターネットサイトだけではなくスマートフォンサイト、さらにはSNSなどにも積極的に活用されています。もちろん素材そのものを撮影する仕事もありますが、非常に大変なのは撮影された素材を編集して、インターネット上にアップロードすることです。 企業にせよ、個人にせよ、このような素材をコンテンツ化し、アップロードすることに関して投資を行う形になっています。 ですから、これまでのプロカメラマンであっても、撮影して現像するだけで終わりではなく、いかに編集を行って魅力的なコンテンツに仕立て上げるかと言う提案力まで問われるようになっています。 またYouTubeがこれだけプラットフォームとして社会的な地位を得てくると、動画編集をより簡単に行いYouTubeにどのように動画をアップロードするかと言うニーズもかなり大きくなります。 最初は個人でYouTubeをビジネスとして考えていた方々でも、忙しくなればなるほど、アイディアや撮影そのものは自分自身の手で行っても、その後の編集やアップロードに関しては外注したくなるものです。そして確認だけを最終的に行うことが組織としても非常に円滑に回ることになるからです。  過去は映像制作会社が、スタジオを利用したり、専用の機材を準備しなければ編集できなかったのですが、今はパソコンと専用のツールがあれば簡単に編集することが可能になっています。  それだけに、このような動画制作や編集のサポートを副業として行えば、かなりのニーズが仕事としてあると言えるでしょう。 自分自身で設備投資を行うことなく、クライアントのニーズに応じて編集を行うだけで十分な収入を得ることができるようになります。場合によっては空き時間で作業をするだけではなく、本業としていかに独立するかと言うステップアップに利用することも可能でしょう。 動画編集や動画制作に関しては、企業の大小問わず、様々な場面で必要とされるスキルになっています。 自分自身のセンスに自信がなければ、クライアントのニーズに応じてどう制作するかに特化して仕事を行うだけでも問題ないでしょう。 これからも、様々なコンテンツがインターネット上で必要とされる以上、間違いなく求められるスキルです。 自分自身の趣味の範疇で動画の編集や制作を行っているがあれば、ぜひともお小遣い稼ぎにそのスキルを生かしてみればいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*