株式投資では投資スタイルを決めよう

株式投資がブームになると、デイトレーダーと呼ばれる人たちに注目が集まります。デイトレーダーとは、1日のうちに何回も株式をの売買を行い、その日のうちに利益や損失を確定させるような取引を繰り返す投資家のことです。主に個人投資家による取引が多いといわれています。デイトレーダーたちの投資スタイルは短期売買と呼ばれ、数時間から数日程度で株式を売却してしまうことが多いです。長くても1カ月くらいのホールドに留まり、株式を売却してしまいます。 デイトレーダーが実施する短期売買は、過去の株式の値動きのパターンから相場の動向を読み取るテクニカル分析を用いることが一般的です。株価が上昇したらすぐに売却することで、売却益(キャピタルゲイン)をコツコツ積み上げていきます。短期売買のメリットは、短期間で利益を得られることから、投資資金を効率的に回転させることができる点です。利益が次の利益を生み出すようになっていきます。一方、デメリットとしては、資金を短期間で一気に失ってしまうリスクが高いことが挙げられます。また、売買の取引回数が多いために、売買手数料のコストがかかるデメリットも無視することができません。 短期売買の投資スタイルと正反対なのが、長期保有によるスタイルです。これは半年から1年程度、長い場合は10年以上にわたって同じ株式をホールドします。長期保有では、企業の業績予想などのファンダメンタル分析を利用して、配当金や化b式優待などの特典を受け取りながら、株価が上昇するのをじっくり待つ投資スタイルです。 長期保有のメリットは、長期にわたって安定した収益を確保しやすい点が挙げられます。一方、デメリットとしては、株価が低下したときに売却するタイミングを失ってしまい、含み損を抱えてしまうことです。いわゆる塩漬けの状態となって、売るに売れなくて困ってしまうのです。 短期売買と長期保有、どちらの投資スタイルが良いかは、それぞれに一長一短があるため比べることはできません。ただし、株式投資を始める際には、どちらかの投資スタイルを選んでおくことが肝心です。どちらを選ぶかは、投資する目的やライフスタイルによって異なることは知っておくと良いでしょう。短期間で利益を得たい目的があって、日頃から株価をこまめにチェックできるのであれば短期売買が良いでしょう。また、時間はかかっても良いので、じっくりと資産を増やしたければ長期保有が適しているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*