1万円稼げる副業は、クラウドソーシングがオススメ!

副業は、クラウドソーシング(クラウドワークス・ランサーズなど)をオススメします!

1万円でも良いから、副業でお金を稼ぎたいと考える人は多いのではないでしょうか。

厚生労働省労働基準局提出資料(https://www.mhlw.go.jp/content/11909500/000361727.pdf)でも、「副業を希望している雇用者数の変化」を確認できます。

例えば、1992年の複数就業者数は、757千人ですが、2017年は、1288千人と2倍弱に増えていることが分かりました。

増加している理由は、言うまでもないですが、景気の悪さですね。

内閣府は、2019年10月に、景気動向指数を、「下げ止まり」から「悪化」に下方修正しています。

「悪化」は、一番厳しい判断でした。定期的な収入を得ることができても、収入の伸びが頭打ちになって肩を落としている人もいることでしょう。

そのような時に、1万円でも良いから、収入を増やしたいと考えるのは、間違っていません。

そこで、オススメの副業に「クラウドソーシング」を挙げます。

「クラウドソーシング」は、クラウドワークスや、ランサーズが有名です。

特に、クラウドソーシングのタスク案件で、月に1万円稼ぐことが可能です。

ちなみに、タスク案件は、仕事の応募方法の形になります。ランサーズの場合であれば、案件の応募の形は、以下の4つがあります。

【ランサーズで仕事をもらう4つの方法】
①プロジェクト方式「提案・見積もりを出す」
内容・金額・納期を提案して、採用されれば仕事をもらえます。

②求人募集形式「継続求人に応募」
こちらは、1時間いくらといった募集を見て、応募します。採用者と面談して合格すれば、仕事ができます。

③制作物の提出「制作物コンペ式」
ロゴやデザインを作成して提出します。採用されると報酬を受け取ることができます。

④作業のアウトプットを出す「タスク式」
発注者が、あるテーマで1000文字書いて欲しい案件に、いきなり1000文字を提出する形になります。稚拙な文章だとか、規定文字数に達していないと却下されますが、初心者が取り組みやすい案件です。

従って、クラウドソーシングをオススメする理由は、この④番目のタスク式が、初心者に向いているからです。

1万円でも良いから副業で稼ぎたい時は、タスク案件を1日400円ほどの、案件をこなせば達成可能でした。

終わりに
以上のことから、初心者でも、1万円稼ぐことができる副業に、クラウドソーシングをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*